Move Mind Index(2019年8月)
夏休みはノープランの人多数。猛暑真っ只中のお出かけ意欲を左右するのは、夏を満喫したい気持ちの強さ

Move Design Lab VOL.41

移動の未来について考えながら“新しい移動”を構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、18~79歳の男女1,000人に対し、「今月のお出かけ意欲」を得点化してもらう調査を毎月実施しています。

今年も猛暑で、お出かけ意欲はダウン。

2019年8月のお出かけ意欲指数は5.47点。前月(2019年7月)から0.48ポイントの減少という結果になりました。6、7月と2ヶ月連続で微増していましたが、8月に入ってトーンダウン。夏休み・お盆休みを控える人が多いにもかかわらず、レジャーや旅行の意向も、前月から減少しています。
お出かけをしたくない理由として圧倒的に多いのが、「暑過ぎるから」。平年よりも遅かった梅雨明け後は猛暑日が続き、お出かけ意欲を掻き立てるには、なかなか厳しい日本の気候です。
一方で、お出かけしたい理由は、「夏休みがあるから」「子供も夏休みで、いろいろなところに遊びに行きたいから」「夏らしいことをしたいから」など。休みを上手く使って夏を満喫したい気持ちがあるようです。

夏休みの日程を自分で決めている人の多くが、「特に予定はないけれど、とにかく休みたい」。

8月のお出かけ意欲を底支えしていそうな夏休み・お盆休み。休み取得予定の有職者・学生に日程について聞いたところ、「全て勤務先・学校で指定された日程」48.0%、「一部は勤務先・学校で指定された日程」17.0%、「全て自分で決めた日程」が35.1%、という結果でした。
また、8月に入った時点での休み中にすることの検討状況は、「具体的に決めている」23.0%、「候補がある・何となく考えている」38.5%、「一切決めていない」36.8%で、ノープランの人が一大勢力となっています。

休みの日程の決まり方別に、休み中にすることの検討状況をみてみました。「全て勤務先・学校で指定された日程」「一部は勤務先・学校で指定された日程」の人では「候補がある・何となく考えている」が4割を超える一方で、「全て自分で決めた日程」の人では「一切決めていない」が4割を超えています。自分で休みの日程を決めた人のうち、何か目的があって休む日を決めた人は半数程度で、予定はなくてもとにかく休みをとる、という人も多いという結果でした。
勤務先・学校で休みの日程が指定されている場合、日取りの融通が利かない反面、指定された日は確実に休める保証があることで、前もって計画を立てやすいのかもしれません。

今年の9月は、暦の上では三連休が二週連続でやってきます。まだまだ残暑が厳しいですが、少し涼しくなった季節に思いを馳せて、今から秋のお出かけの計画を立ててみてはいかがでしょうか。

調査概要

  • 調査手法 : インターネット調査
  • 調査対象 : 18~79歳の男女1,000人
  • 調査期間 : 2019年8月2日~8月4日

上記ライター彦谷 牧子
(データアナリスト/シニア ストラテジック プランナー)の記事

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • 五明 泉
    五明 泉 Move Design Lab代表/恵比寿発、編集長

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • 中里 栄悠
    中里 栄悠 Move Design Lab プロジェクトリーダー/シニア ストラテジック プランナー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ シニア ストラテジック プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • 市川 祥史
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 鷹羽 優
    鷹羽 優 Move Design Lab ブランドコンサルタント

    ブランド戦略を専門とし、菓子・飲料・生活雑貨・人材など多くのブランド開発、リブランディングを手掛けた後、2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。ブランドマネジメントの観点からコミュニケーション立案を行う。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 東出 夏海
    東出 夏海 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。 化粧品、トイレタリー他、通信機器などのプランニングを担当。

  • 宮本 守
    宮本 守 Move Design Lab メディアイノベーター

    1997年jeki入社。媒体局配属後、交通広告のプランニング、バイイングを担当。デジタルサイネージの広告表現手法の開発や効果測定にも携わる。現在は、交通媒体本部にて広告商品の企画・販売・運営に従事しつつ、デジタル連携など新たな取り組みにもチャレンジしている。

  • 松本 阿礼
    松本 阿礼 駅消費研究センター研究員/Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。