Go To トラベルキャンペーン開始から1カ月。生活者の“移動意欲”の変化を見る。

Move Design Lab VOL.51

移動の未来について考えながら“新しい移動”を構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、18~79歳の男女1,000人に対し、「今月のお出かけ意欲」を得点化してもらう調査を毎月実施しています。

国内旅行の“意向”は前年を上回る

9月のお出かけ意欲(MMI)は10点満点中5.53点。前月と比べて0.8ポイント増加、前年比では0.42ポイント減少になりました。コロナ禍で大きく落ち込んだお出かけ意欲ですが、6月以降は前年比9割前後を示しており、復調の傾向がみられます。

特に8月から9月にかけて変化が見られたのが国内旅行意向。特にGo To トラベルキャンペーンの影響からか西日本エリアでは前年を上回る結果となりました。

ただしあくまで復調がみられたのは旅行“意向”。Googleトレンドで直近1年間の「旅行」の検索数を見てみると、5月初旬から徐々に検索数が増加しつつあるものの、7月の新型コロナの感染再拡大を境に横ばいが続いています。

提供:Google

調査では「外出を控えているが、元は外食や旅行が好きなのでだいぶ我慢している(お出かけ意欲:10点)」「もうそろそろ日帰り温泉くらいは開放したい(お出かけ意欲:10点)」という抑えきれない旅行衝動も聞こえましたが、この結果を見るかぎりまだ実際に旅行計画などの行動には至らず見定めている人が多いのでしょうか。旅行意欲はありつつも、コロナ情勢をふまえジレンマに陥っている様子がうかがえます。

過去2年間の調査結果では行楽シーズンである秋が1年間で最もお出かけ意欲が高まる時期です。しかし今年は未だ続くコロナと猛暑の二重苦。いつも通りの行楽シーズンとはいかないことが予想されます。しかしそんな状況下だからこそ「マイクロツーリズム」「応援旅行・消費」をはじめ新しい過ごし方、新しい移動が生まれていくことと思います。引き続きMDLではwithコロナ、afterコロナにおける移動行動の兆し、変化に注目していきたいと思います。

<調査概要>

  • ※調査手法 : インターネット調査
  • ※調査対象 : 18~79歳の男女1,000人
  • ※調査期間 : 2020年9月5日~6日

上記ライター市川 祥史
(リサーチプランナー/ データアナリスト)の記事

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • 五明 泉
    五明 泉 Move Design Lab代表/恵比寿発、編集長

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • 中里 栄悠
    中里 栄悠 Move Design Lab プロジェクトリーダー/シニア ストラテジック プランナー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ シニア ストラテジック プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • 市川 祥史
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 鷹羽 優
    鷹羽 優 Move Design Lab ブランドコンサルタント

    ブランド戦略を専門とし、菓子・飲料・生活雑貨・人材など多くのブランド開発、リブランディングを手掛けた後、2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。ブランドマネジメントの観点からコミュニケーション立案を行う。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 東出 夏海
    東出 夏海 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。 化粧品、トイレタリー他、通信機器などのプランニングを担当。

  • 宮本 守
    宮本 守 Move Design Lab メディアイノベーター

    1997年jeki入社。媒体局配属後、交通広告のプランニング、バイイングを担当。デジタルサイネージの広告表現手法の開発や効果測定にも携わる。現在は、交通媒体本部にて広告商品の企画・販売・運営に従事しつつ、デジタル連携など新たな取り組みにもチャレンジしている。

  • 松本 阿礼
    松本 阿礼 駅消費研究センター研究員/Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。