Move Mind Index(2019年12月) ひとり時間で生まれる移動意欲。良い“冬ぼっち”を過ごしましょう。

Move Design Lab VOL.46

移動の未来について考えながら“新しい移動”を構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、18~79歳の男女1,000人に対し、「今月のお出かけ意欲」を得点化してもらう調査を毎月実施しています。

やっぱり師走は忙しい

自分の時間を持てていますか?

12月のお出かけ意欲(MMI)は10点満点中5.77点で前月からは0.4ポイントの減少。寒さはもちろん忙しさを理由に外出に対してネガティブな意見が多くみられました。2019年は働き方改革元年といわれていますが、年度末である師走の忙しさは変わらないようです。

自分だけの時間やスペースを持つことに価値を感じる

働き方改革によって良くなったこと、もしくは期待することをビジネスパーソンに聞いたところ「自分の時間を持てること/持ちたい」と回答される人が多くみられました。

そのニーズに応えるように「自分らしく過ごすための場所」を提供するサービスが増えてきているように思います。例えば進化系カプセルホテル。それぞれが独自のストーリーを持っており、旅行者ではなく、近隣の生活者が気軽に非日常体験を過ごせる場として活用するケースが多いそうです。カーシェアサービスを移動目的ではなく休憩等のプライベート空間として活用しているケースがあると聞いたときには驚きましたが……。

良質なひとり時間が行動意欲を生み出す

仕事中や誰かといるときはさっぱりなのに、ひとりの時間をつくることで、頭の中が整理できたり、いいアイデアが浮かんだりすることはありませんか。そこで浮かんだアイデアやストックされた新しい気づきは、誰かと話すきっかけになったり、自分の新しい興味や関心ごとを見つけるきっかけにもなったり。ひとりの時間を持つことは、次の行動意欲を生み出す起点になると私は思います。

冒頭でふれた働き方改革の影響か、街中に多くのワークプレイスを見かけるようになりました。働くために使う人はもちろん、読書・勉強・休憩するなど快適なひとり時間を過ごすために使う人も多くみられます。「イベント開催」「新商品発売」のように移動を直接増やすアプローチではありませんが、ワークプレイスのような良質なひとり時間を過ごせる場所を持ってもらうことも移動活性化への1つのアプローチになるのではないでしょうか。

年末年始でお忙しいかと思いますが、良い“冬ぼっち”をお過ごしください。

<調査概要>

  • ※調査手法 : インターネット調査
  • ※調査対象 : 18~79歳の男女1,000人
  • ※調査期間 : 2019年12月7日~8日

上記ライター市川 祥史
(リサーチプランナー/ データアナリスト)の記事

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • 五明 泉
    五明 泉 Move Design Lab代表/恵比寿発、編集長

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • 中里 栄悠
    中里 栄悠 Move Design Lab プロジェクトリーダー/シニア ストラテジック プランナー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ シニア ストラテジック プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • 市川 祥史
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 鷹羽 優
    鷹羽 優 Move Design Lab ブランドコンサルタント

    ブランド戦略を専門とし、菓子・飲料・生活雑貨・人材など多くのブランド開発、リブランディングを手掛けた後、2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。ブランドマネジメントの観点からコミュニケーション立案を行う。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 東出 夏海
    東出 夏海 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。 化粧品、トイレタリー他、通信機器などのプランニングを担当。

  • 宮本 守
    宮本 守 Move Design Lab メディアイノベーター

    1997年jeki入社。媒体局配属後、交通広告のプランニング、バイイングを担当。デジタルサイネージの広告表現手法の開発や効果測定にも携わる。現在は、交通媒体本部にて広告商品の企画・販売・運営に従事しつつ、デジタル連携など新たな取り組みにもチャレンジしている。

  • 松本 阿礼
    松本 阿礼 駅消費研究センター研究員/Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。