Move Mind Index(2019年5月)
国民大移動デー。祝日があればいいってもんじゃない。

Move Design Lab VOL.36

移動の未来について考えながら“新しい移動”を構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、18~79歳の男女1,000人に対し、「今月のお出かけ意欲」を得点化してもらう調査を毎月実施しています

国民一斉移動週間の反動

過去最大級のゴールデンウィークがあった2019年5月のお出かけ意欲指数は10点満点中5.70点。先月(2019年4月)から0.33ポイントの減少という結果になりました。ゴールデンウィーク後の調査ということもあり、理由を見ると「ゴールデンウィーク中に何度か出かけたので、必要な買い物には出かけたいが、レジャーや外食は節約のために控えたいから(40代女性)」と連休の反動による移動控えの声が多く挙がっていました。

Move Design Lab VOL.35

祝日過多社会の祝日外出離れ

5月のMMI測定では「連休や祝日の外出」についての意見が多く集まりました。集まった意見を見ると、祝日であることは必ずしも外出意向にプラスに働いているとはいえないようです。祝日だからこそ外出を避ける「祝日の外出離れ」が散見されました。

祝日は皆がよーいドンで一斉に移動するため、車も電車も大混雑。リラックスするつもりが、外出で疲れが倍増。負の外出体験が積み重なった結果「祝日=外出しない日」が定着してしまっているのかもしれません。

Move Design Lab VOL.35

日本は他国と比べて有給休暇の消化率が低いことはご存知の方も多いかと思います。その理由の1つに、祝日の多さがあるともいわれています。祝日が多いため、さらに有給を取ろうとすると「休んでばかりいると仕事が進まない」「祝日で休んだのにまだ有給で休むのか……という周囲の目が気になる」と考え、有給取得には消極的に。こうした休みの自由度の低さが国民一斉休暇の民族大移動を起こし、祝日の外出離れを生み出す結果につながったのかもしれません。

4月より働き方改革法案が順次スタートし、働き方改革元年といわれる2019年。働き方の多様化と並行して休み方の多様化が進むことが、移動日の分散ひいてはお出かけ意欲の向上につながると考えています。

環境の変化が生活者の移動にどのような影響をあたえていくのか、引き続きレポートしていきます。

<調査概要>
※調査手法:インターネット調査
※調査対象:18~79歳の男女1,000人
※調査期間:2019年5月11日~12日

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • Gomei.Izumi
    五明 泉 Move Design Lab チーフプロデューサー/ Move Design Lab代表

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • Nakazato.Eiyu
    中里 栄悠 Move Design Lab ストラテジック・プランナー/プロデューサー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に配属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ ストラテジック・プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に配属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • Ichikawa.Yoshifumi
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 鷹羽 優
    鷹羽 優 Move Design Lab ブランドコンサルタント

    ブランド戦略を専門とし、菓子・飲料・生活雑貨・人材など多くのブランド開発、リブランディングを手掛けた後、2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。ブランドマネジメントの観点からコミュニケーション立案を行う。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 東出 夏海
    東出 夏海 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー

    2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。 化粧品、トイレタリー他、通信機器などのプランニングを担当。

  • 宮本 守
    宮本 守 Move Design Lab メディアイノベーター

    1997年jeki入社。媒体局配属後、交通広告のプランニング、バイイングを担当。デジタルサイネージの広告表現手法の開発や効果測定にも携わる。現在は、交通媒体本部にて広告商品の企画・販売・運営に従事しつつ、デジタル連携など新たな取り組みにもチャレンジしている。

  • 阿礼松本
    松本 阿礼 Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに配属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。