【今月のMOVE】
ポストコロナでU-29女性に再燃する「女子旅欲求」。きっかけはInstagram!

Move Design Lab VOL.78

皆様、夏休みはいかがお過ごしでしょうか。帰省や旅行に行かれた方、または自粛しお家で過ごされた方などさまざまかとは思いますが、多くの方の頭の隅にはコロナの存在があった上で過ごされたことと思います。そこで私たちは、コロナが収束して世の中がポストコロナ時代に向かった際に、生活者は誰と/どこに旅行に行きたいのか調べてみました。調査結果から見えてきたのは、若い女性の特殊性です。
今回はU-29の女性にフォーカスをあて、コロナ収束後の旅行を展望してまいります。

U-29女性は女子旅を選択!

旅行といえば、「どこに行くか」と同等かそれ以上に重要なのは、「誰と行くか」という点にあるのではないでしょうか。「コロナが収束としたとして、最初に誰と旅行に行きたいか」という質問の回答結果が次のグラフです。全体では「家族旅」であったのに対し、U-29の女性に限り「女子旅」が最も高い結果になりました。

U-29女性が全体の傾向とは異なり、家族旅行よりも女子旅を優先する背景は様々かと思います。理由を尋ねてみると、最も高かったのが「気兼ねなく行ける」で59.6%、次いで「同性同士の方が楽に過ごせるから」が36.2%で続きました。若い女性にとっての気が置けない存在は家族以上に同性の友人なのかもしれません。そうした友人と気楽に楽しむことのできる女子旅はコロナ禍で長らく抑制されてきましたが、コロナの収束が近づいていくにつれてその欲求は再燃し、徐々に「解禁」されていくものと推察します。

女子旅が求めているのはヴァカンス気分

では旅行先としてどこを望んでいるのでしょうか。U-29女性で最も高かったのは「沖縄」で、全体トップの「北海道」よりも高いことがわかりました。コロナ禍で閉塞状況にある中で、開放感あるオーシャンブルーに包まれた女子旅に胸をはせる若い女性が多くいることが推察されます。U-29女性は他の層より海外旅行志向が強く、閉塞された状況から遠く離れた土地に逃避してヴァカンス気分を味わいたい、という彼女たちのインサイトが見え隠れします。

U-29女性の情報源はInstagram!

ところで、彼女たちはどのように旅先についての情報収集を行っているのでしょうか。
次のグラフは旅行先の情報収集源について尋ねたものです。特筆すべきはU-29の旅行の情報源としてInstagramが際立っている点です。若い女性は旅行サイトなどで調べるのではなく、Instagramを駆使して旅の情報収集を行う傾向が強く見られます。その理由としては若い女性の旅先選定が“映(ば)えファースト”であることが大きいのではないかと私は考えています。一方で「YouTubeの旅行動画」も11.6%と4番目に多いことからも、若年女性においては旧来とは異なる旅の情報収集が生まれ始めていることを読み取ることができます。

MDLではInstagramなどのSNSで行きたい場所をストックする行動を「To Go ストック」と呼んでいますが(過去記事はこちら)、旅行先を決めるプロセスにそうした行動が定着しているものと私たちはみています。

コロナの状況はまだ不透明ではありますが、コロナが収束していくにつれて、機動力ある若年女性の「女子旅」が活性化していくものと思われます。SNSでの発信力の強い“旅のイノベーター“である彼女たちが、コロナで大きく停滞した旅に活力を与えていくことを願ってやみません。

上記ライター上田 源
(Move Design Lab コミュニケーションプランナー)の記事

日本発のパブリッシャーになる、その野心とは? プラチナゲームズの新たな挑戦 佐藤賢一氏(プラチナゲームズ) × 上田哲弥・上田 源(ジェイア...

中之島サロン VOL.16

上田哲弥(関西支社 京都支店)

上田源(Move Design Lab コミュニケーションプランナー)

日本発のパブリッシャーになる、その野心とは?プラチナゲームズの新たな挑戦

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • 五明 泉
    五明 泉 Move Design Lab代表/恵比寿発、編集長

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • 中里 栄悠
    中里 栄悠 Move Design Lab プロジェクトリーダー/シニア ストラテジック プランナー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ シニア ストラテジック プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • 市川 祥史
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 鷹羽 優
    鷹羽 優 Move Design Lab ブランドコンサルタント

    ブランド戦略を専門とし、菓子・飲料・生活雑貨・人材など多くのブランド開発、リブランディングを手掛けた後、2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。ブランドマネジメントの観点からコミュニケーション立案を行う。

  • 松本 阿礼
    松本 阿礼 駅消費研究センター研究員/Move Design Lab・未来の商業施設ラボ メンバー

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。

  • 渡邉 裕哉
    渡邉 裕哉 Move Design Lab コミュニケーションプランナー

    2020年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。飲料、トイレタリー、ホテルなどのプランニングを担当する。

  • 明山 想
    明山 想 Move Design Lab コミュニケーションプランナー

    2021年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。BtoB、トイレタリー、クレジットカード会社などのプランニングを担当。

  • 片山 晴貴
    片山 晴貴 Move Design Lab コミュニケーションプランナー

    2021年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局配属。 家電、損害保険、不動産などのプランニングを担当する。