【移動に関する最新マーケティングデータ_2021年6月速報】
お出かけ意欲はコロナ以前比1割減の状態が続く。
ワクチン接種での女性高年齢層のお出かけ意欲の回復に期待

Move Design Lab VOL.61

未来の移動とそこにあるべきマーケティングコミュニケーションを構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、全国男女18~79歳のお出かけ意欲を毎月の定点調査で聴取し、Move Mind Index(以下MMI)としてスコア化しています。
MMIの詳細についてはこちら

緊急事態宣言の前後でお出かけ意欲の低下度合に変化なし。
コロナ以前比1割減で推移

6月のお出かけ意欲(MMI)は、10点満点中5.53点。
東京都や大阪府など10都道府県で緊急事態宣言、埼玉県や三重県など8県でまん延防止等重点措置が発出中であった6月5日から6日に行われた調査で、MMIは、前年同月比(昨年の首都圏・北海道の緊急事態宣言解除後の調査との比較)で、102.8%という結果となりました。
3度目の緊急事態宣言前の今年3月、4月、宣言後の5月、6月ともに、MMIはコロナ以前の2019年同月比で約1割減となっており、宣言慣れの様相を呈しています。
お出かけ意欲は季節変動の影響を受けて推移しますが、波形としてはコロナ以前と同形に戻っており、今後、スコアとしてもコロナ以前の水準に回復するのか、動向が気になるところです。

年代差の大きい女性のお出かけ意欲。
女性若年層ではコロナ前を上回り、女性高年齢層では引き続き停滞

6月のMMIを性年代別で見たものが次のグラフです。性別・年代で傾向に違いがみられます。
男性は、どの年代でも5.5ポイント前後で、年代間に大きなスコア差はありませんが、女性では、18~29歳が突出して高い結果となっています。女性18~29歳のMMIは、コロナ以前同月比が103.5%となっており、お出かけ意欲は完全復活といえる状態です。一方、コロナ以前は他の属性と比較してお出かけ意欲が旺盛だった女性60代、女性70代のMMIは、コロナ以前同月比で約8割まで低下しています。また、女性30代も、女性の中ではお出かけ意欲が低くなっています。
新型コロナワクチンの接種は、医療従事者等と高齢者から進められており、その進捗次第で、女性高年齢層においても、お出かけ意欲の復活がみられるかもしれません。

男性60代の外出率が突出。
女性30代では、お出かけ意欲と同様に外出率も低水準

5月29日(土)と30日(日)のいずれかに外出をしていた人は46.7%。前年同月比(昨年の5月最終週の土日いずれかの外出率との比較)で、約1割増となっています。
性年代別にみていくと、お出かけ意欲は女性18~29歳で突出していましたが、外出率が高いのは男性60代となっています。男性18~29歳、女性30代では、外出率が3割台にとどまっており、女性30代は、お出かけ意欲も実際の外出率も低い結果でした。

今年の梅雨入りは、東海以西では平年よりも早く、関東以北では平年よりも遅くなりました。季節変動の影響を受けるお出かけ意欲は、梅雨明けが予想される来月7月には、平年通りで推移すると6月から微増、となるところです。緊急事態宣言は一部を除き解除され、21日からまん延防止等重点措置に移行しましたが、7月以降もお出かけ意欲はコロナ以前比1割減の状態が続くのか、ワクチン接種等の影響で復調となるのか、注視していきたいと思います。

<調査概要>

  • 調査手法 : インターネット調査
  • 調査対象 : 18~79歳の男女1,000人
         ※国勢調査の人口構成比に合わせて、性別×年代×エリアで割付
  • 調査期間 : 2021年6月5日~6日

上記ライターMove Design Labの記事

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • 五明 泉
    五明 泉 Move Design Lab代表/恵比寿発、編集長

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • 中里 栄悠
    中里 栄悠 Move Design Lab プロジェクトリーダー/シニア ストラテジック プランナー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ シニア ストラテジック プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • 市川 祥史
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 鷹羽 優
    鷹羽 優 Move Design Lab ブランドコンサルタント

    ブランド戦略を専門とし、菓子・飲料・生活雑貨・人材など多くのブランド開発、リブランディングを手掛けた後、2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。ブランドマネジメントの観点からコミュニケーション立案を行う。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 松本 阿礼
    松本 阿礼 駅消費研究センター研究員/Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。

  • 渡邉 裕哉
    渡邉 裕哉 Move Design Labコミュニケーションプランナー

    2020年jeki入社。コミュニケション・プランニング局に配属。飲料、トイ レタリー、ホテルなどのプランニングを担当する。

6月15日公開 PICK UP 駅消費研究センター VOL.39 について

2021年6月15日公開のPICK UP 駅消費研究センター VOL.39「地域や自然とつながる循環型レストラン「Maruta」(調布市)―社会問題に応える、生産緑地の開発モデルへ」について、6月17日より公開を中止しておりましたが、一部内容を修正のうえ、7月9日に再公開致しました。