緊急事態宣言延長も外出率は復調!?
「コロナが落ち着いたら行きたい場所がある」が7割

Move Design Lab VOL.56

未来の移動とそこにあるべきコミュニケーションを構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、全国男女18~79歳のお出かけ意欲を毎月の定点調査で聴取し、Move Mind Index(以下MMI)としてスコア化しています。
MMIの詳細についてはこちら

お出かけ意欲は復調傾向。若年層はコロナ前よりも高い結果に。

2月のお出かけ意欲(MMI)は、10点満点中5.15点。前年同月比で89%でした。一部エリアで再発令された緊急事態宣言の影響で1月は大きく下落していましたが、2月には心理的には回復基調にあることが分かりました。

年代別では、コロナ直前の昨年2月と比べて若年層の落ち込みは限定的で、特に18-29歳は男女共に昨年よりもスコアが上回るという現象がみられました。一方で高齢層の下落は大きく、若高老低の傾向がみられます。

お出かけ意欲(MMI)と同様、週末外出率も復調傾向

次のグラフは実際の外出率です。2月の週末外出率(土日いずれかの外出率)は47.9%。前月と比べて5ポイント上がりました。お出かけ意欲(MMI)と同様、前月からの復調を確認することができます。

「コロナが落ち着いたら行きたい場所がある」が7割

コロナで外出自粛が続いていますが、実際に何をどの程度自粛しているのでしょうか。自粛率の高い順に並べたランキングが次の表です。

聴取した39項目のうち、自粛率が50%を上回ったのは34項目。ほとんどのお出かけが相当の割合で実際に自粛されていることが分かります。そもそも規制されている海外旅行に次いで自粛率が高かったのは、フードフェスや飲み会、果物狩りなどの飲食系のお出かけでした。さらに遊園地やウインター/マリンスポーツ、ロックフェス、カラオケ、舞台鑑賞などのエンタメ系が上位に来ており、感染リスクの高い飲食と、不要不急のエンタメ系のお出かけは9割が自粛していることが分かりました。

外出自粛が続き、行きたくても行けない状況が続く中、生活者はいまどのような心境なのでしょうか。今回の調査ではおよそ7割の人がコロナが落ち着いたら行きたいと思っている場所があることが分かりました。また同様に約7割がコロナが落ち着いたら積極的に外出したいと回答。移動のリバウンドを強く予感させる結果となりました。また、6割超はコロナ禍で行くことができていない場所に早く行きたいと考えており、お出かけについても元の状況に早く戻したいと考えている人が多数派であることが分かりました。一方で、コロナが落ち着いても財布のひもを緩める人は4割にとどまるなど、堅実な消費意識も垣間見られました。

では、コロナが明けたら具体的にどこへ行きたいのでしょうか。
「コロナが落ち着いたら」という条件付きでお出かけしたい場所を尋ね、ランキングにしたものが次の表です。

トップは海外旅行で7割超がコロナ明けに行きたいと考えています。国内旅行も3位にランクインしており、コロナ明けにまず旅行したいと思っている人がとても多いことが分かりました。また、フードフェスやロックフェスなどのフェス系もコロナ後すぐに客足が戻る可能性が高いと考えられます。加えて、飲み会やカラオケといった仕事帰りの手軽なエンタメも6割が首を長くして解禁を待っています。これらの根強いお出かけは、コロナが落ち着いた際に顧客が殺到する可能性がかなり高いと推測します。
一方で、コロナが落ち着いてもお出かけ意向の低いものも存在します。これらはポストコロナで仕分けの対象になるお出かけになっていく可能性があり、注意深く見守る必要があります。

新型コロナウイルスの感染拡大への緊張が依然続いており、その時々の情勢でインサイトは乱高下しています。MDLでは引き続きお出かけ意欲をウォッチし続けてまいります。

<調査概要>

  • 調査手法 : インターネット調査
  • 調査対象 : 18~79歳の男女1,000人
    ※国勢調査の人口構成比に合わせて、性別×年代×エリアで割付
  • 調査期間 : 2021年2月6日~7日

上記ライターMove Design Labの記事

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • 五明 泉
    五明 泉 Move Design Lab代表/恵比寿発、編集長

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • 中里 栄悠
    中里 栄悠 Move Design Lab プロジェクトリーダー/シニア ストラテジック プランナー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ シニア ストラテジック プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • 市川 祥史
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 鷹羽 優
    鷹羽 優 Move Design Lab ブランドコンサルタント

    ブランド戦略を専門とし、菓子・飲料・生活雑貨・人材など多くのブランド開発、リブランディングを手掛けた後、2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。ブランドマネジメントの観点からコミュニケーション立案を行う。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 松本 阿礼
    松本 阿礼 駅消費研究センター研究員/Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。

  • 渡邉 裕哉
    渡邉 裕哉 Move Design Labコミュニケーションプランナー

    2020年jeki入社。コミュニケション・プランニング局に配属。飲料、トイ レタリー、ホテルなどのプランニングを担当する。