Move Mind Index(2019年4月)
夢にまで見た10連休と思いきや… お出かけ予定はまだ未定。

Move Design Lab VOL.35

移動の未来について考えながら“新しい移動”を構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、18~79歳の男女1,000人に対し、「今月のお出かけ意欲」を得点化してもらう調査を毎月実施しています。
今月は10連休ゴールデンウィークのお出かけ事情についても詳しく聞いてみました。

まもなくGW、お出かけの準備はできていますか?

平成も残りわずかとなり、「平成最後の○○」から「令和最初の○○」に切り替わろうとしている中、時代をまたいだ大型連休が待ち構えています。昨年12月に10連休が決定されてから4ヶ月がたちましたが、みなさんは既にお出かけの計画は立てましたでしょうか。

Move Design Lab VOL.35

有職者にゴールデンウィークのお出かけ事情についてお伺いしたところ、4/6~7時点で、「お出かけの予定はない」人が38%、「普段の行動範囲でお出かけ」予定の人が20%、「普段いかない場所にお出かけ」予定の人が28%、「休みがない」人が14%という結果になりました。ゴールデンウィークまであと1ヶ月きっているにもかかわらず、約4割の人が具体的なお出かけ予定が一つもないという結果になりました。

連休日数と旅行率は比例しない

Move Design Lab VOL.35

カレンダー上では、昨年が3連休+2勤務+4連休と飛び石だったのに対し、今年は10連休。もちろん仕事などの都合によって連休日数は異なりますので、取得連休日数別に「普段いかない場所へのお出かけ予定率」を見たところ、「連休はない」「2連休」と3連休以上でお出かけの特徴がわかれました。面白いことに旅行などの普段いかない場所へは、「3~4連休」の人が最もアクティブにお出かけを予定しており、それ以上の連休がある人は遠方へのお出かけ予定率が逆に減少することがわかりました。連休日数が多いからといって遠方へお出かけするわけではないようです。
短い連休だと遠出の予定は立てられませんが、逆に長すぎると遠出を躊躇してしまうのかもしれません。
お休みは少し足りないと感じるぐらいが、お出かけをするにはちょうどいいのかも。

Move Mind Index (2019年4月)

MDLでは毎月18~79歳の男女1,000人に対し、「今月のお出かけ意欲」を0~10点で得点化してもらう調査を実施。
その結果を「Move Mind Index(MMI)」として、毎月発信しています。

Move Design Lab VOL.35

2019年4月のお出かけ意欲指数は6.03点。気候も暖かくなり、月末にはゴールデンウィークもあるため、お出かけ意欲は上がるのかと思いきや、前月からは-0.17ポイントで微減、対前年同月でみても横ばいという結果に。史上初の10連休ゴールデンウィークの影響があるかと思われましたが、昨年同様に3月よりスコアは減少しました。

Move Design Lab VOL.35

2019年4月の目的別お出かけ意欲指数は、意外にも【国内旅行】・【海外旅行】が対前年同月と比較してやや低下し、一方で、【運動】は0.18pt、【癒し】が0.14pt上昇しています。

10連休ということで逆に混雑を予想して、遠出を控えるという心理に結びついているのかもしれません。
今年のゴールデンウィークは意外と、体を動かしたり、穴場の癒しスポットに行くなど、安近短のMOVEが、もてはやされそうです。

<調査概要>
※調査手法:インターネット調査
※調査対象:18~79歳の男女1,000人
※調査期間:2019年4月6~7日

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • Gomei.Izumi
    五明 泉 Move Design Lab チーフプロデューサー/ Move Design Lab代表

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • Nakazato.Eiyu
    中里 栄悠 Move Design Lab ストラテジック・プランナー/プロデューサー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ ストラテジック・プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • Ichikawa.Yoshifumi
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 東出 夏海
    東出 夏海 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー

    2018年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。 化粧品、トイレタリー他、通信機器などのプランニングを担当。

  • 宮本 守
    宮本 守 Move Design Lab メディアイノベーター

    1997年jeki入社。媒体局配属後、交通広告のプランニング、バイイングを担当。デジタルサイネージの広告表現手法の開発や効果測定にも携わる。現在は、交通媒体本部にて広告商品の企画・販売・運営に従事しつつ、デジタル連携など新たな取り組みにもチャレンジしている。

  • 阿礼松本
    松本 阿礼 Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。