Move Mind Index号外
「ハロウィンは友達と」ハロウィンお出かけ実態に迫る!


10月といえば、いまやバレンタインと並ぶ一大市場となったハロウィンがあります。毎年の盛り上がりもさることながら、年間行事の1つとして定着した感のあるハロウィンについて、生活者がどのような動きをしているのか気になるところです。そこで、移動の未来について考えながら“新しい移動”を構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」では、「ハロウィンのお出かけ実態」について、18~79歳の男女1,000人にたずねてみました。

まず、ハロウィン当日(10月31日)にハロウィンらしいことをする予定があるのか聞いてみました。結果は、13%が「当日(10月31日)ハロウィンらしいことをする予定」、87%が「当日ハロウィンらしいことをする予定はない」。昨年12月のMove Mind Indexで調査した、クリスマスイブ(12月24日)当日にクリスマスらしいことをする方が約5割だった点を考えると、ハロウィンらしいことを当日にする予定のある人は、ごく一部の少数派であることがわかりました。

これを性・年代別で見ると、「当日(10月31日)ハロウィンらしいことをする予定」の方は若年層で高く、クリスマスイブと比べ世代間で差が見られます。女性30代は、ハロウィン・クリスマスいずれも高く、イベント好き世代と言えるかもしれません。

クリスマスは家族や恋人と。ハロウィンは友達と。すみ分けが顕著に。

次に、「当日(10月31日)ハロウィンらしいことをする予定」の方に外出予定を聞いてみると、ほぼ半数の47%が外出する予定であることがわかりました。これはクリスマスイブよりも高い結果です。現時点では、ハロウィンらしいことをする予定の人が少ないため、ハロウィン目的の移動は、全体の6%しかないということになります。こちらは、今後のハロウィンの盛り上がり次第と言えそうです。

また、10月31日にお出かけをする予定の方に、誰と出かけるのかを聞いてみると、47%が家族、次いで24%が友人と回答されました。クリスマスイブと比較して、ハロウィンは友人とのお出かけが高いことがわかります。「クリスマスは家族や恋人と。ハロウィンは友達と。」といったすみ分けが行われており、ハロウィンは「年に一度、友達と盛り上がるイベント」になっているのかもしれません。

最後に、「今年のハロウィンは昨年よりも盛り上がりたいと思う:34%」、「ハロウィンは1年で最も盛り上がれる・はしゃげる日の1つだ:21%」という結果の一方で、「ハロウィンはつい羽目を外してしまう:16%」という結果も。今年のハロウィン、くれぐれもお酒の飲みすぎにはご注意くださいね。

<調査概要>
※調査手法:インターネット調査
※調査対象:18~79歳の男女1,000人
※調査期間:2018年10月6~7日

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • Gomei.Izumi
    五明 泉 Move Design Lab チーフプロデューサー/ Move Design Lab代表

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • Nakazato.Eiyu
    中里 栄悠 Move Design Lab ストラテジック・プランナー/プロデューサー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ ストラテジック・プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • Ichikawa.Yoshifumi
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • koyama.moemi
    古山 萌美 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー/デザイナー

    2016年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。商業施設の戦略提案他、食品、文房具メーカーなどのプランニングを担当。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 宮本 守
    宮本 守 Move Design Lab メディアイノベーター

    1997年jeki入社。媒体局配属後、交通広告のプランニング、バイイングを担当。デジタルサイネージの広告表現手法の開発や効果測定にも携わる。現在は、交通媒体本部にて広告商品の企画・販売・運営に従事しつつ、デジタル連携など新たな取り組みにもチャレンジしている。

  • 阿礼松本
    松本 阿礼 Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。