Move Mind Index (2018年1月結果)


移動の未来について考えながら“新しい移動”を構想するプロジェクトチーム「Move Design Lab(MDL)」は、18~79歳の男女1,000人に対し、「今月のお出かけ意欲」を得点化してもらう調査を実施。その結果を「Move Mind Index(MMI)」として、毎月発信していきます。

年末年始のイベントを終えて、お出かけ意欲も一休み

2018年1月のMMIは5.54点。過去半年間の測定で最も低い結果となりました。お出かけ意欲の最も高い10点と回答した方も11%と過去最低の結果に。目的別にみるとクリスマスシーズンの12月に増加した「買物」・「グルメ」が減少。
正月三が日明けに実施した調査(2018年1月5日~7日)ということもあり、帰省・初詣・初売りといった年末年始のイベントを終えて、1月のお出かけはいったん一休みといった人が多かったのでしょうか。新年会やお年玉など出費が重なる予定が多く、経済的な理由も影響しているようです。

大晦日も5割が外出。年越しの瞬間は、家族でゆっくり

1月の調査では、年末年始の12月30日から1月4日にかけて「どこかに外出/お出かけしたのか」、年末年始の過ごし方を聞いてみました。

最も外出が少なかったのは、1月3日の51%。続いて大晦日12月31日の52%という結果になりました。仕事始めである1月4日の前日は、外出せずに自宅でゆっくり過ごされた人が多いようです。
年末年始の外出先といえば、日本人には欠かせない年中行事の「初詣」。現在では当たり前になった有名な寺社への初詣も、一般化したのは鉄道網などインフラが整備された明治時代以降だそうです。今回の調査で元日に初詣に出かけた人は24%。昨今の御朱印ブームの影響もあったのでしょうか、年末年始全体でみるといずれの年代でも30%を超える人が寺社・初詣に出かけており、外出先として上位に挙がっていました。
また、もう1つの年始の代表的なMOVEといえば「初売り」です。日別でみても元日から初売りに出かけた人が1割。特に40~50代の女性で高い結果となりました。普段はオンラインショッピングを利用される人でも「初売りならば……」と外出されたケースも多いのではないでしょうか。
年末年始の中でも、年越しの瞬間は「どこで」、「どのように」過ごした人が多かったのでしょうか。

年越しの瞬間は、自宅や帰省先で過ごした人が9割。大晦日である31日の外出率は50%を超えているものの、年越しの瞬間は外出していた人が7%と少数派。過ごし方では「実家で家族とのんびり」、「テレビを見ながらそばを食べて年越し」といった回答が目立ちました。年末年始の休みが土日と重なり、大型連休の取りづらかった2017~2018年の年末年始。特別なことはしないで、家族みんなでテレビを囲んでゆっくりする「いつものお正月」を過ごされた人が多いようです。

2018年は三連休以上が10回も。中長距離MOVEのチャンス

2018年初回の調査ということもあり、みなさんに「2018年中にお出かけしたい場所」を聞いてみました。

趣味の地方遠征や自分へのご褒美として少し遠出をするなど「中長距離MOVE」を考えている人が多いようです。2018年は日曜日に祝日が当たることが多く、振替休日によって三連休が多い年になります。土日休みの人にとっては、中長距離のお出かけチャンス。年始めに1年の「お出かけ計画」を立ててみてはいかがでしょうか?

<調査概要>
※調査手法:インターネット調査
※調査対象:18~79歳の男女1,000人に実施
※調査期間:2018年1月5日~7日

Move Design Lab

Move Design Labは生活者の「移動行動」を探求し、”新しい移動“を創発していくことをミッションに始動したプロジェクトチーム。その取り組みをシリーズで紹介していきます。

>記事一覧はこちら

>記事一覧はこちら

  • Gomei.Izumi
    五明 泉 Move Design Lab チーフプロデューサー/ Move Design Lab代表

    1991年jeki入社。営業局配属後、通信、精密機器、加工食品、菓子のAEを歴任、「ポケットモンスター」アニメ化プロジェクトにも参画。2014年営業局長を経て2016年よりコミュニケーション・プランニング局長。

  • Nakazato.Eiyu
    中里 栄悠 Move Design Lab ストラテジック・プランナー/プロデューサー

    2004年jeki入社。営業局、駅消費研究センター、アカウントプロデュース局を経て、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。シニア・ストラテジック・プランナーとして、メーカー、サービス、小売など幅広い企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。

  • 彦谷 牧子
    彦谷 牧子 Move Design Lab データアナリスト/ ストラテジック・プランナー

    リサーチ・コンサルティング会社を経て、2009年jeki入社。JR東日本保有データの分析・活用業務に従事した後、2014年よりコミュニケーション・プランニング局に所属。化粧品、トイレタリー、通信機器等幅広いクライアントのコミュニケーション戦略をはじめとしたプランニングを担当。

  • Ichikawa.Yoshifumi
    市川 祥史 Move Design Lab リサーチプランナー/ データアナリスト

    市場調査会社にて、企業のマーケティング課題の解決に従事。2017年jeki入社。コミュニケーションプランニング局配属。交通広告・キャンペーンの効果測定を中心に、クライアントの課題発見・解決を支援する。

  • koyama.moemi
    古山 萌美 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー/デザイナー

    2016年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。商業施設の戦略提案他、食品、文房具メーカーなどのプランニングを担当。

  • 手塚 友哉
    手塚 友哉 Move Design Lab コミュニケーション・プランナー

    2017年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局に配属。主に移動者を中心とするメディアプランニングを担当。

  • 宮本 守
    宮本 守 Move Design Lab メディアイノベーター

    1997年jeki入社。媒体局配属後、交通広告のプランニング、バイイングを担当。デジタルサイネージの広告表現手法の開発や効果測定にも携わる。現在は、交通媒体本部にて広告商品の企画・販売・運営に従事しつつ、デジタル連携など新たな取り組みにもチャレンジしている。

  • 肇加藤
    加藤 肇 Move Design Lab 駅消費アナリスト/コンサルタント

    1999年jeki入社。コミュニケーション・プランニング局で鉄道や商業施設関連のプランニングに従事した後、2009年より駅消費研究センター長。現在は、駅利用者を中心とした生活者のインサイトや消費行動の研究に取り組んでいる。

  • 阿礼松本
    松本 阿礼 Move Design Lab 駅消費アナリスト

    2009年jeki入社。プランニング局で駅の商業開発調査、営業局で駅ビルのコミュニケーションプランニングなどに従事した後、2015年より駅消費研究センターに所属。現在は、駅利用者を中心とした行動実態、インサイトに関する調査研究や、駅商業のコンセプト提案に取り組んでいる。